FC2ブログ

Sweden blog “Arkos hus Sällskap”   アルコス スウェーデン ブログ

こだわりの家・北欧スウェーデン住宅アルコスのスタッフブログです。

トナカイの隠れ家

クリスマス前の休日のこと。

画像 030

建築探訪の途中、とあるホテルの裏側がふと気になり、足を踏み入れると・・・
森の中に現れたトナカイの隠れ家。

画像 029


プライベートガーデン、といっても僕がすんなり入れたのでプライベートではありませんね。(笑)
でも、たまたまなのか人の気配は全くなく、木々に囲まれたとても素敵な空間を発見しました。

そして森の奥へと進んでいき、ロートアイアンのアーチをくぐると、そこには街が見下ろせるウッドデッキがありました。
ここはガーデンウェディング場だったんですね!


IMG_0428.jpg

IMG_0430.jpg

さてさて、2010年最期のクイズです。(笑)
ここはどこのホテルでしょうか?

ヒントは次の写真です。
設計者は古塚正治です。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい!


IMG_0397.jpg


(staff:エフ)

スポンサーサイト



スウェディッシュ なう2

こんにちは!
千葉ショールームのあさみです♪

大寒波のスカンジナビア半島に来ています。
ストックホルムは連日-15℃ほどとなっており、
現地に暮らす人も今年は寒さと雪がひどいとおっしゃっていました。

それでも明日はクリスマス!
スウェーデンでは家族で過ごすのが一般的なようで、
子どもたちや家族へのプレゼントを買い求める人々であふれています。

わたしも寒さにめげず、
スウェーデンの素敵なものを求めて歩き回っています♪

今日はそのなかのウィンドウディスプレーをご紹介しますね。
()内は写真を撮った場所です。


星飾り
こちらは、通りすがりのレストランのものです。
個人の家庭でも星型の飾りはほとんどついています。(Sodermalm:セーデルマルム)


キャンドル
どこの家庭にも、どこのホテルにも、どこのオフィスにも、
ほとんどの窓辺に飾られているキャンドルディスプレー。
今は電球をつかっていますが、キャンドルを使うものもあります。(Alvik:アルヴィク)


室内キャンドル
宿泊先のホテルで。
小さめのキャンドルと、とてもかわいい小さなマグカップを見つけたので、
それを受け皿代わりにしたお手製キャンドル!?(Alvik:アルヴィク)


マンション飾り
ちょっと見にくくてすみません。
マンションのベランダが飾られているのがきれいで
思わず押したワンショット。
よくみると星がっ…。(Sodermalm:セーデルマルム)


以前エフさんが紹介してくださったオーナー様のように、
アルコスの家で素敵な窓辺を演出するのはとっても楽しいでしょうね。
帰ったらさっそく、ショールームの窓辺も飾ろうと思います!

スウェディッシュ なう

こんにちは!
千葉ショールームのあさみです♪
只今ショールームはお休みをいただいております。
年が明けて、1月22日から再開されますので、
来年もどうぞよろしくお願いします!

さて、ショールームがお休みなのはなぜかというと、
実はアルコスの家誕生の地、スウェーデンにきています。
このブログでスウェーデンの生情報をお伝えしますので、
どうぞご期待ください。


写真はスウェーデンの首都ストックホルムの朝焼けの様子です。
現地時間の朝8時。まだまだ薄暗いです。

スウェーデンの朝8時

スウェーデンの家は窓辺がきれいに飾られている家がとても多いです。
クリスマスにむけて、星や山型のキャンドルスタンドがおかれ、
夜になるとどの家からもきれいな光がこぼれます。

晴れの日が少ないこの時期、窓辺に星を浮かべて楽しむのがスウェーデン流でしょうか?

ではまた! Hejdå!

街角の風景

画像 047

現場へ向かう車の中、
神戸事務所のすぐ近くでばったり出会った街角の風景。

自転車ひとつでやって来たのか、
ペンキ屋の職人さんが一人黙々と腕を振るう。

オレンジ色のキャンパスに、
描かれていくちょっとお洒落でかわいいデザイン。

デザインひとつで街の風景が変わり、人の心を和ませてくれる。

信号待ちをしながら職人さんの刷毛さばきを見ていると、
昔よく目にした手描きの映画看板をふと思い出した。
コンピューターではあらわせない人のぬくもり。
家づくりの中でも大切にしていきたいと思う。


(staff:エフ)


ウィンドウディスプレイ

こんばんは。
神戸ルミナリエも昨日で終ってしまいました。今年は残念ながら見に行けず・・・。

でも、今、塗装の塗り替え工事をさせていただいているオーナー様のお宅で、素敵な“ウィンドウディスプレイ”に出会えました!
スウェーデンでもよくある手法らしいのですが、室外に向けての飾りつけです。
カーテンだけだと閉ざされた感じになりますが、こうして飾れば道行く人もきっと笑顔が生まれますね!

これもスウェーデンの分厚い壁を利用したアイデアです。

アルコスの家を大切に守り、育てていただいているオーナー様の心に、とても嬉しく感じました。
アルコスの家はこうしたオーナー様の心と共に、必ず後世に残る住宅だと思います。
ヴォーリズやアルヴァ・アルルトの建築のように――。


IMG_0948.jpg

IMG_0949.jpg

IMG_0951.jpg


(staff:エフ)


 | HOME |  »

ブログ内検索