FC2ブログ

Sweden blog “Arkos hus Sällskap”   アルコス スウェーデン ブログ

こだわりの家・北欧スウェーデン住宅アルコスのスタッフブログです。

地鎮祭がありました

こんにちは!
千葉ショールームのあさみです♪

先日、地鎮祭がありました。
新しいお施主さんは、長野の方です。
数ある住宅の中からアルコスを選んで頂きありがとうございます!
お施主さんのこだわりの詰まった素敵な家になりそうです。
楽しみですね♪

後日、このブログ上でご紹介しますね♪
スポンサーサイト



日本とスウェーデンのごみ事情

こんにちは!
千葉ショールームのあさみです♪

さて、みなさんは家庭で出るごみの処理はどうしていますか?
ごみ収集の日にまとめて出す、が一般的ですよね。
わたしもほとんどのごみをそうしています。

最終処分場の問題や不法投棄など、問題は様々ありますが、
ただ、ごみを減らそう!という動きは
日本全体でいろいろな形で行われています。

アルコスの住宅誕生の地スウェーデンでは、
ごみの多くが大切な資源として扱われています。
生ごみは別に集めてバイオマスとして利用し、
ペットボトルなどはスーパーでリサイクル。
工場などから出る産業廃棄物も、細かく分別して再利用。

あれ?意外と日本でも行なっている方法?
と思いませんか?

日本と違うところは、これらが徹底されているということ。
生ごみは、各スーパーで専用のごみ袋(紙製)を無料で配布しています。
ペットボトルは、購入時にリサイクル料金が含まれていて、
返却すると割引券として返ってきます。
工場などからの廃棄物も、たとえば木のチップなどはバイオマスとして、
地域暖房に使われたりします。

これは、実際にスウェーデンのアルコスの工場で
木材のごみが分別されているものです。
アルコススウェーデン工場のごみ

日本と同じように資源に乏しいスウェーデンは、
限られた資源を大切に使う術をずっと考えてきたのでしょうね。
環境教育も4歳から行なっているそうです。

スウェーデン製の生ごみ処理機、ヨーラコンポストです。
環境教育の一環として使われることも多いそうです。
スウェーデンのコンポスト

アルコスの家も日本の資源を大切にするお手伝いができますように。

アルコスの住宅の温度実況!

こんにちは!
千葉ショールームのあさみです♪

最近はようやく秋らしくなりましたが、
今年の夏は暑かったですね!猛暑でした。
ところが、アルコスのオーナー様から頂いたあるデータで、
素敵なことがわかりました。

下記のグラフは長野県のオーナー様にご協力いただいて記録したデータです。
一日の気温の変化を表しています。
青い線が室内、赤い線が室外です。

長野は大変寒い地域ですので、気温が-5度近くまで下がることもあります。
けれども、アルコスの家の中の気温は大きな変化もなく、20度を下回ることもありません。
この室内の気温で日中暖房は使っていないんです。

2011年1月の気温
長野県1月気温差

避暑地として有名な長野県ですので、夏でも涼しく過ごせます。
そのかわり、一日の温度差は大きく、明け方は涼しいくらいです。
それでも、家の中はほぼ一定の温度を保っています。
びっくりしたのは、日中でもエアコンを使用していないそうです!

2011年7月の気温
長野県7月気温差

最後に、在来工法で建てられた木造住宅でも
データを取らせていただきました。
比較のため、エアコンを使用していない部屋のデータです。

2011年9月の気温
東京9月の気温差
今まで体感してはいたものの、こうして数字としてみて、
あらためてアルコスの住宅ってすごいなぁと関心してしまいました。
今年の冬は、さらに厳しい節電を求められることになりそうです。
エネルギーを大切にしながら、快適に暮らす。
そんなスウェーデンの住宅の考え方にますます共感させられました。

 | HOME | 

ブログ内検索