FC2ブログ

Sweden blog “Arkos hus Sällskap”   アルコス スウェーデン ブログ

こだわりの家・北欧スウェーデン住宅アルコスのスタッフブログです。

ワークショップ「ユーリとビョルク」のお知らせ

スウェーデンの白樺の樹皮を使ってカゴ作りをされている、ユーリさんの作品展示会とワークショップが開催されます。
場所は、神戸・海岸通にあるお店“TOOLO(トーロ)”さん。
昨年末、北欧サーミランドを舞台にしたドキュメンタリー映画「サーミ・ニエイダ・ヨイク」の上映会が催されたお店です。
http://arkos.blog25.fc2.com/blog-entry-91.html
この時、上映会の運営や案内をされていたのが“ハントヴェルク”のユーリさんです。
ユーリさんの素敵なお話と、温もりあふれる作品に囲まれながら、心温まる冬のひと時を過ごしてみませんか?

展示会は、明日12月2日(木)~12月26日(水)
ワークショップは、12月17日(金)、18日(土)の二日間(こちらは有料・要予約です。)
詳しくはこちら→http://def-company.co.jp/toolo/gallery/201012/gallery_juri_och_bjork.html

20101126_1295701.jpg

そうそう、明日からは神戸ルミナリエも始まりますよ!
あっという間に今年も終ってしまいそう・・・(泣)


(staff:エフ)

コメント

No title

素敵ですね。
展示会、都合があえば行ってみたいです☆

今年もアルコスのブログ見てルミナリエに行った気分になりたいです♪写真楽しみにしていますね~~~

>ふりっかさん

この季節になると、イベントが目白押しですね!
神戸の中心で仕事をしていますが、にぎやかな場所とはちょうど反対なので、身近に感じられなくて残念です・・・。
ルミナリエの写真、楽しみにしていてくださいね!

展示会

この展示会、もしかしたら行けそうです☆
いつもアルコスさんのブログに紹介されているイベントに行ってみたい!と思いつつ、めったに行けてないので今回もどうなるか…わかりませんがp(´⌒`q)
行けたら楽しそうなので行きたいでーす(*^o^*)

>ふりっかさん

僕もまだ行けていませんが、白樺の手編みのカゴをこの目で見てみたいです。
手作りだけあってきっと高価なものだと思いますが、北欧の人々には良いもの大切に使い続ける文化が根付いていますよね。
アルコスの家もずっと住み継がれていく家でありたいと願っています。
(なんか、宣伝みたいな終わり方ですね!)

No title

ほんとそうですよね。お家みたいな大きなお買い物から、日常の小物まで、質の良い物を大事に手入れしながら長年使っていく。
昔の日本もそんな感じだったんではないでしょうか?
だから遥々・・・海を渡ってこんな遠い国でも受け入れられる環境なのでは?
と思いますが、いつのまにやら、お手入れを毎日。使わなくても毎日。となれば、現実は物を持ちすぎていてやってられない!!!となり、さらに使い捨てに走ってしまう傾向にあるような気がします。
使っていないものはリサイクル・リユースし、大切なものだけ身近に置き長いこと、毎日使う生活に変えて生きたいと思います!

>ふりっかさん

確かに少し前までの日本も、物を大切にする文化が残っていましたね。
ノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイさんが日本の「もったいない」という言葉・文化に共感し、「MOTTAINAI」を合言葉に環境保護活動を進められていますが、現代人としてはちょっと恥ずかしい気がします・・・。
本当は日本人が“もったいない”を学ばなければいけないんじゃないのかと・・・。
日本の善き文化、良き心を守り続けていくこと。
建築の仕事の中でどうチャレンジしていけるのかを考えて生きたいと思います。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arkos.blog25.fc2.com/tb.php/138-0f6f04bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

ブログ内検索