FC2ブログ

Sweden blog “Arkos hus Sällskap”   アルコス スウェーデン ブログ

こだわりの家・北欧スウェーデン住宅アルコスのスタッフブログです。

ウィンドウディスプレイ

こんばんは。
神戸ルミナリエも昨日で終ってしまいました。今年は残念ながら見に行けず・・・。

でも、今、塗装の塗り替え工事をさせていただいているオーナー様のお宅で、素敵な“ウィンドウディスプレイ”に出会えました!
スウェーデンでもよくある手法らしいのですが、室外に向けての飾りつけです。
カーテンだけだと閉ざされた感じになりますが、こうして飾れば道行く人もきっと笑顔が生まれますね!

これもスウェーデンの分厚い壁を利用したアイデアです。

アルコスの家を大切に守り、育てていただいているオーナー様の心に、とても嬉しく感じました。
アルコスの家はこうしたオーナー様の心と共に、必ず後世に残る住宅だと思います。
ヴォーリズやアルヴァ・アルルトの建築のように――。


IMG_0948.jpg

IMG_0949.jpg

IMG_0951.jpg


(staff:エフ)


コメント

かわいいですね
ショーウィンドーみたい!お家なのに、じっと見入ってしまいそうです

No title

ルミナリエはエフさんにお任せしてたのに・・(笑)
今年はテレビでもまったく見ずにいつのまにか終わってました

かわいい窓辺ですね
あこがれるわあ~こんなおうちに住みたかったです(泣)

もう来週はクリスマス、仕事納め、 お正月
忙しいですね 締めくくりになるような良い毎日が送れますように
楽しんでくださいね

>ふりっかさん

ほんとに素敵でした~。
季節ごとに飾りも変えられているらしいですよ!
こういうのを豊かな暮らしっていうんだなぁと感じます。
お部屋もすごくかわいくされているんです。
竣工から約13年のお家ですが、歳月を経るほどにジワーっと変化していくのが木の家の醍醐味です。

先日、六甲山にあるヴォーリズの山荘へ行ってきたのですが、まさにアルコスの家と同じ感覚を味わえました。
足を一歩踏み入れると、温かさや懐かしさ、それに優しさのようなもので一瞬に包まれ、心も体も癒されます。
ヴォーリズはデザインだけでなく、日本の気候や風土を徹底的に研究し、その工夫を建物にたくさんちりばめていました。
ある意味、日本の建築家よりも、日本に合った豊かな暮らしのできる住宅を追求し、かたちにしてきたのだと感じました。
設計者が何を一番大切に考えているのか、それは建物の中に入ればすぐに肌で感じることができると思います。

手前味噌のようですが、建築を学ぶ一人としての正直な想いです。

>ホルツェンさま

ルミナリエ、スミマセンデシタ~。
すぐ目の前というのに・・・帰るころにはもう消灯・・・(泣)

>かわいい窓辺ですね
あこがれるわあ~こんなおうちに住みたかったです(泣)

いえいえ!「住みたかった」なんて言わないで、是非住んで下さい。(笑)
アルコスもいつの日にかモデルハウスが建てられることを夢に頑張ります!そのときには皆でパーティーしましょうね!
不景気なんかふっ飛ばしましょー!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arkos.blog25.fc2.com/tb.php/143-2e0a2d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

ブログ内検索