FC2ブログ

Sweden blog “Arkos hus Sällskap”   アルコス スウェーデン ブログ

こだわりの家・北欧スウェーデン住宅アルコスのスタッフブログです。

1.17を迎えて

阪神大震災から16年目の今日。
いつもはギリギリまで寝ている僕も、5時半には自然に目が覚め、テレビ中継と一緒に5時46分の黙祷を行いました。

震災を経験した僕にも、家族を亡くされた方々の気持ちまではわかりません。
どんな気持ちでこの日を迎えられているのだろうか・・・。
一昨年にも書きましたが僕は毎年、この地震で亡くなった同級生のご両親に会いに行きます。
これまで一度だって悲しい顔をされたり、地震を恨むような言葉を聞いたことがありません。
そしていつも逆に励まされています。

震災を体験した者としてこの日を決して忘れてはならないし、建築に携わる者としてもこの日を原点としてこれからも取り組んでいきたいと思います。

コメント

No title

重いタイトルで・・・なかなかコメントができませんでした。阪神淡路大震災からはや16年。月日が経つのは早いですね。街の復興はどんどんすすみ、私の震災にあった時住んでいた町はもう何もなかったかのようです。  景色は変わってゆくもの。変えていくもの。だけどそう簡単にわりきれるものではないですよね。。。。

>ふりっかさん

確かに僕もこのタイトルを前に、書いては消しの繰り返しで、やっと書けた文章にも納得のいかないまま更新してしまいました。でも、見てくれたお客様から“共感しました。”と、当時の思いを綴られた長文のメールを頂きました。
また、こうしてふりっかさんからもコメントを頂戴し、思いを表現することは難しいけれど、たとえ無様であっても考え悩むよりも、行動を起こすことが大切なんだと感じました。

ふりっかさんの生まれ育った街は、今、大注目を浴びていますね!
かつてこんなにも全国から注目されることがあったでしょうか!(笑)
震災を乗り越えた街から生まれたスターたちに皆が勇気や希望をもらっているなんて素敵ですね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arkos.blog25.fc2.com/tb.php/152-5dfe80eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

ブログ内検索