FC2ブログ

Sweden blog “Arkos hus Sällskap”   アルコス スウェーデン ブログ

こだわりの家・北欧スウェーデン住宅アルコスのスタッフブログです。

医療施設計画

5年ほど前から進めていたプロジェクトでしたが、残念ながら計画自体が頓挫してしまいました。
予定地は神戸市のポートアイランド。高度先進医療施設として、また国際都市・神戸の地の利をいかした医療ハブ施設として位置づけられていました。

外観パースだけでは分かりませんが、スウェーデンの建築、設備、住哲学をふんだんに取り入れた、日本の病院建築にはみられない先駆的な計画でした。

「建築は、住宅に始まり住宅に終る。」という言葉がありますが、まさにアルコスの住宅の要素が余すところなく詰まった病院です。
空気・温湿度を含めた院内環境の整備は、患者にとっても医療スタッフにとっても第一に考慮すべき要素です。
視覚的・心理的に心地よい空間作りも大切ですが、何よりきれいな空気と快適な温湿度管理は健康の基本でもあります。
そんなに居心地の良い病院があったら、家に帰るのが嫌になるのでは?と思ってみたりもしますが(笑)、院内に足を踏み入れた時から症状の改善が始まるような病院があれば行ってみたいと思いませんか?

いつも手前味噌ですが、アルコスの建築が、いや小比賀の建築が多くの方に評価される日が来ることを心より願っています。
きっと、30年、50年経ったときにわかるんだろうなぁ・・・。長生きしようっ!(笑)

医療酸・・・ぢアイレベルのコピー

鳥瞰パース


(staff:エフ)


コメント

No title

すんごいです! こんなりっぱな、とゆうか素晴らしい建築
是非見たかったです 小比賀社長のお力が存分に発揮できるお仕事
でしたのに・・・ 残念でなりませんね
計画が生き返ってくることを祈ります 私も長生きしなくっちゃ(笑)

No title

嬉しいお言葉を、ありがとうございます。

これまで小比賀が培ってきた技術とデザインの集大成が発揮できる仕事を、一個人として残してほしいと思っています。

病院の窓が“木製トリプルガラス”というだけでもきっとぬくもりを感じてもらえるのではないでしょうか。しかも性能も抜群ですからね!
北区(神戸市)の鈴蘭台にはアルコスの家で建てていただいた内科医院があります。
全国の診療所の統計では、光熱費のかからない建物としてダントツの結果だったそうです。
どんな建物か、改めてブログで紹介させていただきますね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arkos.blog25.fc2.com/tb.php/156-5b145ae5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

ブログ内検索